メタボリックシンドロームに効果的な治療法

怖いメタボの対策法

生活習慣改善に役立つ情報

炭水化物について、どのくらいの理解がありますか?
力の源の大事な栄養の半分、摂取すぎると太ってしまう栄養素でもあります。
大きく分けると、ご飯やパンに含まれる多糖類、お菓子やフルーツなどに含まれる果糖類、があります。
減らすべきものは、まずは果糖類からが良いでしょう。
おやつにデザート、ケーキ、スナック菓子、など日常になっていませんか?
一切食べない、のではなくまずは平日は食べない、などのルールを決めてみましょう。
多糖類に比べて果糖類は消化が早く、いわゆる腹持ちが良くないので、満腹感が得られません。
そのため、食べ過ぎてしまう傾向があるのです。
甘いものが大好きでやめられない、という人も、それを減らすだけで、だいぶ違いますよ。

食事のリズムを作ろう

忙しくて昼食をぬかして夜にたっぷりとった、朝はお腹が減らないからなんにも食べない。
など、不規則になっていませんか?
食事はできるだけ、同じ時間帯に、同じ量を食べるのが理想です。
食事の間が空きすぎると、脳や筋肉がエネルギー不足になり、逆に食べたら蓄えてしまいがちです。
お腹が減ってなかったら野菜ドリンクやスムージーなどでもいいので、軽めの物をお腹に入れましょう。
基本は朝、昼は普通に食べ、夜は軽く、が基本です。
夜は寝るだけなので、余計なエネルギーもいりません。
ですので炭水化物は取らない、もしくは微量にしましょう。
どうしても食べたい場合、玄米やライ麦パンなど、消化や吸収を抑えるものにしましょう。
かみごたえがあって、栄養素も高く満腹感も得られますよ。