メタボリックシンドロームに効果的な治療法

メタボリックシンドロームって肥満ということ?

お腹ぽっこりな体型を、メタボだねってよく言われてるかと思います。
メタボ、イコール肥満。
でも見た目だけではなく、一見痩せている体型の人でも、メタボな人もいるのです。
肥満とは大きく分けてふたつあります。
内臓脂肪型と、皮下脂肪型の肥満です。
じつは同じ肥満でも、まったく別のものになります。
皮下脂肪型とは、お尻やももなど下半身に脂肪がつきやすい太り方。
内臓型脂肪とは、内臓周りに脂肪がつきやすい、またはついている肥満型です。
これがいわゆるメタボリックシンドロームです。
見た目ではスリムに見えても、実は内臓脂肪が多いメタボな体型の人もいます。
隠れ肥満といわれます。
メタボに関しては普通の肥満の基準のそれとは、また少し違い、内臓に脂肪がついているかで判断されます。
近年、健康診断でも中年期より、この項目が入ってきており、まずは自分はどうなのか、知っておくことが重要です。
肥満は見た目も重要ですが、健康面で怖いのが、この内臓脂肪です。
これになることで、どんなデメリットがあるのでしょう。
心筋梗塞や狭心症といった病気の発生リスクがぐんと高まります。
ほかにも脂質異常症、糖尿病、高血圧、動脈硬化、痛風、脂肪肝、脳こうそくなどのリスクも高まります。
健康面を脅かす、怖い内臓脂肪。肥満のままではあらゆるリスクがあるので、メタボとわかったらぜひ健康な体を手に入れるべく、肥満対策に力を入れていきましょう。
メタボは食事や運動などでも治療ができます。


メタボリックシンドロームについてきちんと知っていますか?

ちまたで良く耳にするメタボリックシンドロームという言葉。 通称メタボ。思いつくのはお腹ぽっこり、運動なんてしてませんっていうような中年に多いイメージ。 そもそも、なぜこんなにぽっこりお腹になってしまうのか。 ただの肥満という言葉では片付けられない理由があるのです。

メタボの判断基準

自分はメタボリックシンドロームなのだろうか? 正しく知る事が大事です。 基準としては、ウエストが男性は85㎝以上、女性は90㎝以上。 中性脂肪値150mg/dl以上。 HDLコレステロール値40mg/dl未満。 血圧130~85mmhg以上。 空腹時血糖値110mg/dl以上となっています。

怖いメタボの対策法

健康面をおびやかす内臓型脂肪、メタボリックシンドローム。 主な原因は、食べ過ぎと運動不足からくるものです。 それとわかったら、生活習慣を変えるだけで、改善されます。 健康で様々な事をチャレンジし続けられる老後を手に入れるためにも、今から頑張っていきましょう。